サーフボードオーダー

サーフショップとウェブ販売の違い

サーフショップの良いところは、提案してくれるところだと思います。

ホームページで販売するには、その提案がありません。ホームページはほとんどがカタログの役割で終わります。

サーフショップの場合は、そのサーファーの、技術はもちろんのこと、そのサーフボードを使うライフスタイル、ロケーション、またはその人の年収や嗜好性までもを加味して、提案してくれます。

これはホームページ販売とは大きく違うところだと思います。

たくさんのサーフボードカタログから自分に合う物を選ぶことができればホームページ販売が安くて良いですが、それは難しいことです。

必要ないサーフボード、自分にとって調子の悪いサーフボードを買うことになり、かえって高くつきます。

サーフボードのねず太郎もカタログ的な役割のホームページ色が強いですが、この提案というのを大事にしていきたいです。できるだけリアル店舗に近づけて、なるべくプロショップからの提案をしたいです。

そのためには、ご相談者、そのサーファーを知りたいです。

プロショップはショップで顔を見て話をしますし、ときには一緒にサーフィンします。回りの友達のつながりもありますので、情報はたくさんあります。

ホームページで販売する場合はその情報がありません。

サーフボードのご相談フォームをご送信いただくときには、なるべくヒントいただけるとうれしいです。

JSのPARKOプロモデル乗りたいのですが、サイズはいくつがいいですか?というご質問ももちろんうれしいですが、体型から適正サイズを出すことは、激安サイトでもできます。

ぜひ、サーフィンに対する考え方や、これまでのサーフボード履歴とそれに対するフィーリング、その他なんでもご相談フォームには思いをお書きください。

ねず太郎だからこその間違えないボード選びをしていきたいと思います。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php