サーフボードオーダー

サイズを考えるときはパフォーマンスボードから

パフォーマンスボードは、ある程度フォルムは決まっています。

極端にノーズ幅が広い、極端にロッカーが弱い、などはないです。

そして、ほとんどのシェイパーが、パフォーマンスボードよりどれくらい短く、パフォーマンスボードよりどれくらい幅広くを、考えながら小波用ボードをモデル化していきます。

モデル説明の欄に、何インチ短くなど書いてありますよね。

ここで、ほとんどのパフォーマンスボードのフォルムはある程度イメージできていたのに、小波用ボードになると、突然シェイパーごとの特性が強く出て、イメージすることが難しくなります。

どれくらいレールを厚くシェイプしてくるのか、どれくらいテール幅出すのか、どれくらいロッカーは寝ているのか、などなど、それぞれのシェイパーの独自性が表現されます。

ですので、皆様サイズ選定で間違いを起こします。

小波用ボードのサイズを考えるときは、あくまでも、パフォーマンスボードを軸に考えてください。

自分にとってパフォーマンスボードのベストサイズが分かれば、その他ほとんどの小波用ボードはそこからサイズが決まってきます。

小波用ボードを身長、体重、レベル、などから考えますと間違いやすいです。

シェイパーがモデル化したときに考えた通り、パフォーマンスボードよりどれくらい短くするか、というサイズの考え方をしてください。

そもそも自分にとってのパフォーマンスボードはどれくらいなのか。

パフォーマンスボードはこれくらい乗ってるのだが、この小波用モデルはどれくらいのサイズが良いのか。

これまで小波用しか乗ったことがない。

などなど、ご相談ごとは複雑化していきます。

サーフボードの選び方無料相談

いつでもどうぞ。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php