サーフボードオーダー

ノーズロッカーについて【2】

ではなぜノーズロッカーを寝かせる流れになってきたのでしょうか。

一番の理由は、ボードを短くしたいからです。

ボードを短くすると回転性が上がります。操作しやすくなります。回転弧が小さくなりますので、サーフィン上級者でなくとも縦に上がりやすくなります。

ですので初中級者にも短いことの長所が生きてきます。

上級者になりますと、回転させやすいということで、短くしたいと思うようです。エアーしてからの回転もそうですし、リバースするときもそうです。短いボードの方が圧倒的にトリックしやすいです。

今や720度回すことで驚かない時代です。あのときの身体のねじれを見ますと、ギリギリですよね。あれはボードが短くないと難しいです。

それではなぜ、短くした場合、ノーズロッカーを弱くするのでしょうか。

ボードを短くすると、テイクオフが遅くなります。

また、レールが入る長さが短くなり、加速も悪くなります。

ノーズロッカーを寝かせるのは、テイクオフやレールの入り具合を長いボードと同じ感覚に近づけるためです。

テイクオフを長いボードと同じにし、ドライブの加速力も長いボードと同じにしようという考えです。

そして、ノーズロッカーを余分に寝かせ、またレールボリュームもプラスし、幅も広げることで、上級者でなくても短いボードで色々な波に乗れるようになりました。

このように、ノーズロッカーを弱くしたのは、短いボードが作りたかったからということでした。

そしてそれは、上級者にとってはトリック系のマニューバーのため、初中級者にとっては回転弧を小さくできる利点があるため、多くのサーファーに指示される結果となりました。

次回は、ノーズロッカーについて【3】です。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php