サーフボードオーダー

ノーズロッカーについて【4】

ノーズロッカーの強いボードは、前荷重したり、後ろ加重したりすることが難しい点というのが前回のお話です。

その難しい点を短いボードが解消しました。

前回操作するための重心が2箇所あるというお話をしましたが、これが、1箇所になりました。

2箇所の場合は、前足と後ろ足にあったものが、1箇所になり、前足と後ろ足の間で、後ろ足よりです。デッキグリップの少しだけ前くらいでしょうか。(あくまで重心ではなく操作するための重心です。またボードによってそれは違うものです。今流行の少しだけ短くするオールラウンドボードがその手のものが多いというイメージです。)

そのハシリが、JSのCV8です。これは当時革命的でした。少し短くしてオールラウンドで使用するという最先端でした。そのCV8の操作重心は後ろよりの1箇所でした。

CV8は大ヒットし、大手サーフボードブランドでこれほど長くモデルに名前が並んだままになるのは珍しいです。今でも絶好調で、売れ続けています。

操作重心が1箇所になりますと、極端なステップバックがいらないです。

テイクオフ後、一発で定位置にスタンスをとれば、そこにいるだけで、加速もアクションもできるというものです。

よって、中級者サーファーにとって、大ストライクであり、これ無しではサーフィンできないとまで言わせました。

ノーズロッカー弱めのオールラウンドボードが流行っている理由は、操作重心が1箇所になったことにより、加速とアクションが容易になったため、というお話でした。

ノーズロッカーについて【5】でまとめです。

some posts that may be related

speak up

Add your comment below, or trackback from your own site.

Subscribe to these comments.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*Required Fields

Comments links could be nofollow free.

css.php